読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地ウラ観光案内

東京を中心に、路地裏のマニアックな楽しみ方を紹介します。

路地といえば猫、ツタ、トタン

このわき道は、まさに暗渠のサイン!

地面の下を 水が流れていると思われるので、川に思いをはせながら歩いてみましょう。

f:id:kenmania:20151109105203j:plain

 

いい感じにくねっています。

大きな木がここまで育つには、それなりの年月も必要ですね。

f:id:kenmania:20151109105716j:plain

 

f:id:kenmania:20151109105817j:plain

長い年月が幹に刻まれ、絡まっている。

 

f:id:kenmania:20151109110114j:plain

薄暗い路地の先には、目標のマークのようにな赤い車が停まっている。

 

f:id:kenmania:20151109110221j:plain

この路地も終わりかな?と思ったら赤い車は出口をふさいでいるようですね。

 

f:id:kenmania:20151109110251j:plain

どうやら右斜めにいけるようなので、さらに狭い奥地へと入っていきます。

 

f:id:kenmania:20151109110339j:plain

固いコンクリートに埋もれた木の根。

 

f:id:kenmania:20151109110535j:plain

どこまで続くかな?

と、そこへ・・・

f:id:kenmania:20151109110937j:plain

やっぱりいた!

東京の路地と言えば猫

f:id:kenmania:20151109111557j:plain

狭いところにおさまっているなぁ(笑)

 

f:id:kenmania:20151109111737j:plain

まったりしているところごめんなさい(汗)

 

f:id:kenmania:20151109112130j:plain

ほんとゴメンナサイ(泣)

 

・・・

 

f:id:kenmania:20151109112214j:plain

それじゃ、失礼しますね、ごゆっくり。

 

さて、猫を後にして先へ進みましょう。

 

なんだか深みにはまっている気がして、だんだん不安になってくる

通ってはいけなかったのか?

トタンの壁が見えてきたので、ここでトタンの鑑賞方法をレクチャー。

f:id:kenmania:20151109112348j:plain

青とコンクリの直線美、アスファルトのシミ、少しゆがんだ支柱がカッコイイ。

できるだけ壁に近づいて奥行き感を味わってください。

 

f:id:kenmania:20151109112433j:plain

右側にもトタンの壁が並んでいるのですが、

敗れた穴と錆の涙が味わい深く思えます。

景色をトリミングして見ると アート作品に変貌することもあるので

色んな場所で試してみてください。

 

 レクチャーはここまでにし、そろそろ表通りに出たいところです。

f:id:kenmania:20151109112952j:plain

忘れられた傘。

こんな景色も好き。

 

 

f:id:kenmania:20151109113146j:plain

 なんと、行き止まりという結末でしょうか(汗)

ツタまで這っちゃって、やっちゃったかなぁ。。

 

f:id:kenmania:20151109113212j:plain

抜けられそうです!

 

f:id:kenmania:20151109113245j:plain

コンクリートのヒビとマンホールの錆。

ちょっと不安げにソロリソロリとスキマを通ります。

 

f:id:kenmania:20151109113311j:plain

どうにか通り抜けられました。ホッ。

今回の路地ウラは、日常の中のプチ冒険となりました*


にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村