読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地ウラ観光案内

東京を中心に、路地裏のマニアックな楽しみ方を紹介します。

ちょっと不気味な路地裏をすり抜ける

建築 東京

超路地裏を通って、向こうの通りに抜けてみました。

たったそれだけ、なのにドキドキ。

f:id:kenmania:20161120173709j:plain

高円寺の住宅地にポカンと空いた空間。

広くて人の気配の無い場所、そのすぐ横にこれから通る細い道があります。

 

こんな感じ。とても細い。

f:id:kenmania:20161120173724j:plain

遊歩道によく見られる「止まれアニマル」がありました。

ワニのイラストと消えかかった「とまれ」の文字。

ここを通るのは、勇気がいります。「すすめ」って書いて欲しい(笑)

 

f:id:kenmania:20161120173737j:plain

向こうから誰か来てもすれ違えない(笑)

誰も来ないことを祈りましょう。

 

上を見上げるとそこには廃墟が。

f:id:kenmania:20161120173757j:plain

蔦が建物を覆い、もじゃもじゃ状態。

自然へと還っていくようです。

 

急に不安にかられて足早に進もうとすると、

既に向こうの道路が見えています。なんとゴールは目の前でした(笑)

f:id:kenmania:20161120173815j:plain

とはいえ、廃墟の真横でゴミやトタンが捨ててあると

突然何かが出てくるのでは?と、色々想像してしまいます。

ちょっと急いで突破しようと思います。

 

***

 

と言うことで、無事に超路地裏を通り抜けました。

f:id:kenmania:20161120173857j:plain

木漏れ日のキレイな秋の空気、平和でおだやかな住宅地、ホッとする風景♪♪

通ってきたばかりの細い道は、何とも言えず薄気味悪く、ディズニーアニメで言うところの、魔女のいる場所のような雰囲気。

このギャップはすごいですね。

 

f:id:kenmania:20161120173916j:plain

先ほど廃墟だのもじゃもじゃだの言っていた建物も、細部を見ると

実は昭和中期のモダンなデザインが施されていてとってもフォトジェニック*

f:id:kenmania:20161120173934j:plain

 

ドキドキしつつも可愛い昭和の建物を見ることができました。

f:id:kenmania:20161120173948j:plain

 

秋、夕方、誰もいない家、ノスタルジー、不安からの平和。

来年も小さな発見でドキドキしたい。

 

昭和の家を見ると、小さい頃住んでいた家を思い出します。

母のつくるホットケーキの甘い香りが懐かしい*

 

↓↓お手間でなければポチッとお願いします♪

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 古い町並みへ
にほんブログ村