読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地ウラ観光案内

東京を中心に、路地裏のマニアックな楽しみ方を紹介します。

台湾・炭鉱の廃墟群

史跡 海外

猫村を歩き回り 暑さに耐えきれなくなった頃、

猴硐駅の反対側に保存されている炭鉱跡を見にいきました。

f:id:kenmania:20160727193432j:plain

 

駅前のお店をぬけると冷房のきいた資料館があります。

涼みながらトイレ休憩、カフェもあるので水分補給にも最適です♪

また、炭鉱施設当時のジオラマや、炭坑の町で暮らす人々、働く方たちの写真も見ることができます。

※統治時代の年号はやっぱり「大正○○年」と説明が書いてありました。

 

さて、実際に炭鉱跡の廃墟を間近で見られるので、歴史に思いをはせつつ廃墟にワクワク(笑)

f:id:kenmania:20160727213516j:plain

 

廃墟の周りは、一応金網で囲っているので、侵入したり触ったりはできません。

マナーは守りましょう。

金網の向こうでは、猫が昼寝しています。猫村から流れてきたのでしょうか。

f:id:kenmania:20160727213454j:plain

 

こちらの階段からは、トロッコ用の橋に上がることができます。

f:id:kenmania:20160727213255j:plain

 

平行して、古い階段もあります。※侵入しちゃダメ

植物に浸食され、まるで遺跡のようですね*f:id:kenmania:20160727213400j:plain

 

階段を上がる途中、ガラスブロックから明かりがさしています。

台湾の蛾も発見。

f:id:kenmania:20160727213327j:plain

 

さあ、橋の上を歩いてみましょう。

高っいっ!

f:id:kenmania:20160727193942j:plain

 

当時の欄干もアクリル板で囲われて保存されています。f:id:kenmania:20160727195001j:plain

 

橋の上にはトロッコ用の線路が続いています。

川から一番高い位置までくると、足元の隙間から下の川が見えます。

ガクブル(笑)

f:id:kenmania:20160727194644j:plain

 

橋を渡りきり、トロッコの線路が昔の坑道に続いています。

入場料を払えばトロッコにも乗れるようですよ。

f:id:kenmania:20160727194837j:plain

 

川の水際には、使われなくなった遺構が見られます。

向こう岸に見えるコンクリートの溝は、人が通れる大きさの階段。

ということは、周りの葉っぱの大きさは?

ワサワサしている熱帯植物、巨大です!

f:id:kenmania:20160727213545j:plain

 

今回は、ローカル線の旅といった感じで、山に囲まれた素敵な廃墟を満喫できました♪

次回もまだまだ台湾をご紹介します*

 

↓炭鉱跡は猴硐駅をはさんだ猫村と逆サイド

 

台湾国鉄ローカル線 平渓線 [DVD]

台湾国鉄ローカル線 平渓線 [DVD]

  • 作者: ドキュメンタリー
  • 出版社/メーカー: エースデュースエンタテインメント
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: DVD
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

f:id:kenmania:20160727213607j:plain

 

↓↓お手間でなければポチッとお願いします♪

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 古い町並みへ
にほんブログ村