読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地ウラ観光案内

東京を中心に、路地裏のマニアックな楽しみ方を紹介します。

猫のように足音を立てずに

東京 史跡

距離が近すぎて、足音を立てずに、猫のようにするりと通り抜ける路地シリーズ。

 

突き当たりかな?と思ったら、塀のスキマみたいな抜け道が続いていることがあります。↓ここもそう。

f:id:kenmania:20160221235000j:plain

2箇所くらい段差ができています。

向こうの道路と高さが合わなかったら、ちょっと段差をつけてつじつまをあわせてしまう、あまり計画的じゃない舗装工事だったんでしょうねぇ(笑)

あまりにも狭いので、反対側から人が来たらお互いに体を斜めにしてスルッと通ります。暗黙の了解。

 

 

私のちょっと先を歩いているOL風の女性が突如消えました。

f:id:kenmania:20160221235026j:plain

えっ!?と思って消えた場所まで行ってみると、抜け道発見。。。

あっち側に行くのにショートカットできるのでしょう。

私も便乗して、でもあくまで遠慮しがちに、足音を立てずに歩きます。

 

 

松の木の殺気。

f:id:kenmania:20160221235053j:plain

そんなに狭くはないのですが、この道に対しての松の枝ぶりがインパクト強めなので、

通るときに襲われるのではないか、と立ち止まってしまいました。

 

 

庚申塚。

f:id:kenmania:20160221235101j:plain

ひと気のない細い路地に面している、ちょっと大きめの石仏。

距離感が狂います。ここだけなんだか静か。

 

 

蔦にからまれている板塀。

f:id:kenmania:20160222000741j:plain

自然の力に引き裂かれそう。人間の作ったものはちっぽけだなー、としみじみ思ってしまいます。

 

 

ここからごちゃごちゃ。

f:id:kenmania:20160222000750j:plain

ここから道幅が狭くなっています。手前は新しい基準の幅なのでしょう。

狭い方が物や植物も多く、よけいに道が狭く感じます。

でも嫌いじゃないですよ。

 

 

 カラスの支配下。

f:id:kenmania:20160222000200j:plain

 住宅地の路地をくねくね進むと、古いマンションが建っていました。

ベランダが荒れていて、てっぺんにはカラスが一羽、今は世紀末か。

結局、古いコンクリート建築が好きなため、ワクワクしながら写真を撮ってしまいましたとさ。

f:id:kenmania:20160222000156j:plain

鳴きもせず、スッとした姿勢のカラス。私は足音をたてずにその場を去りました。

 

↓↓お手間でなければポチっと押してください*

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 古い町並みへ
にほんブログ村