読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地ウラ観光案内

東京を中心に、路地裏のマニアックな楽しみ方を紹介します。

品川宿・路地に残る昭和の残像(1)

東京

旧東海道品川宿は、歴史ファンも訪れる宿場町跡。

京浜急行北品川駅から続く商店街の中には、古い看板建築や史跡を見ることができます。

f:id:kenmania:20151015134834j:plain

 

まずは、ひととおり有名な旧東海道を歩いて、史跡を歩いた満足感にひたります。

残った時間で、メイン通りに小骨のように走る路地を覗いてみましょう。

f:id:kenmania:20151015134923j:plain

モルタルの壁がいい感じの哀愁漂う建物を発見。化粧品の販売所だったようで、看板の赤い文字がすっかり日に焼けて薄くなっています。

 

f:id:kenmania:20151015135026j:plain

次の路地を覗くと井戸のポンプがありました!ただでさえ狭い道なのに堂々と真ん中に鎮座しています。地域の住人みんなの生活用水なんですね。いざという時には消防車も入りにくいでしょうから、色んな意味で活躍しそうです。

こういった井戸ポンプは、昔からある路地だからこそ残るものなので、貴重な風景と言えます。

 

f:id:kenmania:20151015135524j:plain

次の路地に行く前に、変わった網ボックスを発見。植木鉢には何が植わっていたのでしょうか。。

(つづく)

 


にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村