読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地ウラ観光案内

東京を中心に、路地裏のマニアックな楽しみ方を紹介します。

じわっと路上観察

路地裏で猫探し。 路上観察、猫目線。 飛び石を埋め込んだアスファルト。 トマソン状態。 以前の低い塀が、今の塀にところどころ顔を出している。新旧塀統合。 超芸術トマソン (ちくま文庫) 作者: 赤瀬川原平 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1987/12 メ…

まちかどの薬局と柴犬

まちかどの薬局の更に角、よく見てみると古い煙草屋の看板が残っていました。 たばこの赤い文字とキセルのイラストが昭和レトロで、 ノスタルジックな気分にさせてくれます。 今は薬局だけのようなので、ショーケースには松ぼっくりとか小物が飾ってあります…

入谷から根岸方面へ

前回の 旧坂本小学校から北の方に向かい、台東区根岸~東日暮里方面に行ってみました。 人の生活や仕事が直に伝わってくるような雰囲気で、ワンブロックおきに細ーい路地がはしっている町です。 懐かしい雰囲気の玄関。このまま保存したいくらいです* 洗い…

入谷駅から旧坂本小学校へ

もうすぐ9/1、防災の日ですね。 大正12年9月1日、東京は関東大震災に見舞われ大きな被害にあいました。 その後、東京で不燃化構造の鉄筋コンクリートで建てられたのが“震災復興小学校”で、117校あったそうです。 (その多くは、老朽化のため解体されました。…

台湾・猫村近くのしょんぼり犬

台湾、猫村~炭鉱廃墟を歩き、お土産屋さんなど覗いてすっかり観光気分になっているところ、 おもむろに視界に入ってくるのがしょんぼりした犬。 暑い国のせいなのか、どのワンコもしょぼーん、ヘタ~。 (アジアあるある?) *** 黒いわんこ。 タイルが…

台湾・炭鉱の廃墟群

猫村を歩き回り 暑さに耐えきれなくなった頃、 猴硐駅の反対側に保存されている炭鉱跡を見にいきました。 駅前のお店をぬけると冷房のきいた資料館があります。 涼みながらトイレ休憩、カフェもあるので水分補給にも最適です♪ また、炭鉱施設当時のジオラマ…

台湾・猫村の ある暑い日

台湾の「猴硐猫村」に行ってまいりました。 そもそもテレビの旅番組で猫村を知り、スプーンで猫に缶詰をあげている様子に「これは猫派として一度行っておかねば!」と思ったわけです(笑) (結構きっかけは普通) 新北市にある猫村は、台北駅から電車で40分…

猫目線☆動画計画

猫の目線で路地を進むような動画を撮ってみたい。 路地好きならきっと誰でもやってみたいと思っているはず(笑) なので、トライするために、頭の中でシミュレーションしてみました。 路地動画の楽しみ方 もちろん、ひとりでこっそり鑑賞して、ほくそえむの…

梅雨らしくアジサイを撮ってみた

買い物帰りに、わざわざ近場の暗渠を遠回りしてまで通ってみる今日この頃。 梅雨らしく、アジサイの咲いている暗渠を探し、写真におさめてみました。 青味がかったピンクの集合体。 奥には狭い暗渠が続いています。 いい湿り気ですね♪ やっぱりアジサイは青…

今週のお題「私がブログを書く理由」はなんじゃろか

今週のお題「私がブログを書く理由」 ◎そもそもブログを書くきっかけは、Instagramをはじめたことからです。 趣味で撮っている昭和の風景をInstagramにUPしているのですが、 実は同じ趣味の方がとても多いことを知りました。 マニアックなことほど嬉しいもの…

街のすみっこに猫

たとえば塀の上。 ある日は、バイクの上に。 空き地でにおいを嗅いだりして。 家路を迷う姿も。 家が大好きだったり。 ポカポカしすぎてトロける場合も。 港で漁船の帰りを待つ時間。 神社にもかかせない。 猫の日に、彼らはどこでくつろいでいるでしょうか…

秩父の思い出(1)

秋も深まり、家の前の公孫樹も色づく季節になりました。 今年歩いた路地ウラで印象深かったところはどこだったかなぁと、 振り返るにはまだ若干早いようにも思えますが、思い出し、 撮りためていた写真を今回載せたいと思います。 夏の終わり、雨の秩父 もと…

台北の路地裏ノスタルジー(2)

引き続き、台北の路地ウラを探索しましょう。 煉瓦の壁を追う 台北市内は、どこを歩いても古い建築があり、趣のある風景を楽しむことができます。 特に古い街を見たい場合は、龍山寺周辺や迪化街がおすすめ。 MRT(地下鉄)の龍山寺駅近くには、剥皮寮(台北…

台北の路地裏ノスタルジー(1)

日本だけじゃない、海外にだって魅力的な路地ウラがたくさんあります! 今回は、日本からも近く、グルメ観光スポットとして人気の台湾を歩いてみました。 上から見ると、いかにも路地が多そうです! さあ、行ってみましょう。 日本統治時代の名残を探す 台湾…

路地といえば猫、ツタ、トタン

このわき道は、まさに暗渠のサイン! 地面の下を 水が流れていると思われるので、川に思いをはせながら歩いてみましょう。 いい感じにくねっています。 大きな木がここまで育つには、それなりの年月も必要ですね。 長い年月が幹に刻まれ、絡まっている。 薄…

品川宿・路地に残る昭和の残像(2)

旧東海道のつづきです。 品川宿にこんな大きな廃墟が!と言う感じですが、 ちゃんとブログのコンセプト通り、路地裏に建っております。 細い道の先に突然現れたので正直驚きました。古い街では既にコミュニティが出来上がっていて、こういった大きなマンショ…